2011年01月31日

牛肉の出汁をユッス(肉水、육수)という

広島お好み焼きの直接ルーツは一銭洋食で、1950年(昭和25年)当時のお好み焼きはねぎ焼きに近い物であった。おろしカツ丼下味以外に、味を付けない豚カツを丼飯の上に乗せ、大根おろしを乗せたもの。マンガ肉に関するあれこれ* 漫画表現としての「マンガ肉」は、これをネタとしたギャグとしても成立する。名古屋とその周辺では普通の「ソースカツサンド」の他、「味噌カツサンド」がコンビニなどで販売されている。 食品などでは安価に販売される場合がある。関西のものは文字通り牛肉を焼く料理で、肉が焼けたところに砂糖を乗せるかまぶすかして、醤油を直接加えて味付けをする。肉のゆで汁を出汁として用いる場合も多く、牛肉の出汁をユッス(肉水、육수)という。スポンサーは山崎製パン。今では普通に有る食材だが、当時は豚肉、玉子、そばは高級品だった為に別注品だった。施策としては、農薬対策として残留農薬等に関するポジティブリスト制度、消費者の食品への信頼を増すための対策としてトレーサビリティの導入や、原料原産地表示の推進などを行っている[17]。



鉄板焼神戸Fujiはステーキが美味いよ
黒毛和牛食べ比べの感想や日々のグルメ日記
とちぎ和牛は安くて肉質が優れていると評判
posted by saki30284 at 19:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。